2 マンションの設備

設備の種類

 

設備の概要

●給水設備

給水方式
1 高架水槽方式 :
  受水槽よりポンプアップして屋上の高架水槽に送り、重力にて給水
  高架水槽との高さの差が水圧となる(10Mで1kg/平方cm)
2 加圧給水方式 :
  受水槽より加圧ポンプにて加圧給水(戸数に応じ台数制御、インバーター制御)
3 蓄圧給水方式 :
  受水槽よりポンプアップして屋上の蓄圧タンクに送り、蓄圧にて給水
  高架水槽が設置出来ない場合に使用、耐久性に問題有り
4 増圧給水方式 :
  給水本管の圧力をポンプにて増圧して給水(受水槽不要)
  一部地域のみ可能、50戸/一棟程度の規模まで
  *いずれの場合も水圧調整には、減圧弁を使用し、2kg/平方cm程度にしている。

配管材料
1 鋼管    
  SGP
   水道用亜鉛メッキ鋼管・・・内面に錆びが付着し易い(古い建物)
  SGP-VA
   塩ビライニング鋼管(黒管)・・・外面がやや弱い
  SGP-VB
   塩ビライニング鋼管(亜鉛メッキ鋼管)・・・屋内では良い
  SGP-VD
   両面塩ビライニング鋼管(黒管)土中、湿気の多い場所に使用
  SUS
   ステンレス鋼管・・・ジョイント部分の信頼性に問題有り

2 非金属管(サヤ管)
  ポリブデン管・・・・耐久性良、管の更新が簡単
  架橋ポリエチレン管・・同上

●給湯設備

給湯方式
電気温水器  
  高温供給(80度)混合水洗又はサーモスタット使用が良い。圧力弱い
  給湯量はタンクの大きさで決まる(360リットル)追い炊き無し
  ガス供給地域外。オール電化住宅可
ガス給湯器  
  すぐに給湯温度が上がらない。同時使用による圧力低下
  給湯量に制限無し。追い炊き可。床暖房可。乾燥換気扇可

配管材料
  被覆銅管
  ポリブデン管、架橋ポリエチレン管

●排水設備
排水方式
分流方式   
  汚水、雑排水を分けて排水する
合流方式   
  汚水、雑排水を縦管にて合流させて排水する

配管材料
  VP管      
  室内転がし配管、ピット内配管、土中配管
  耐火二層管(VP)
  室内転がし配管
  塩ビライニング鋼管
  縦管、ピット内配管
  鋳鉄管      
  縦管、ピット内配管

排水処理設備
 
浄化槽   
  生放流不可の地域は浄化槽を通して排水する
汚水槽   
  排水制限、レベル差が有る場合必要
雑排水槽  
  排水制限、レベル差が有る場合必要。
ディスポーザー用分解槽
  ディスポーザー利用の場合必用
雨水排水槽     
  雨水排水制限のある場合

●換気設備

換気方式
第一種換気  
  給気、排気とも換気扇で行なう
第二種換気  
  給気は換気扇で行い、排気は自然排出させる
第三種換気  
  排気は換気扇で行い、給気は自然に流入させる

*マンションでは室の換気は自然換気で窓を開けることによる。但し、浴室、洗面所、便所、キッチン(火気使用室)は換気扇による強制排気となる(第三種換気)
*マンションの共用部では(電気室、ポンプ室、駐車場、集会室、ELV機械室等)夫々の室に応じた換気方式となる。

●消防設備
 *消防設備は建物の規模、構造、形態によって設置する種類が決まる。
 一般的には、避難ハッチ、屋内消火栓、連結送水管、自動火災報知機、非常用放送防火水槽、である。

 

関連記事