工作物

一般には人為的に作られたものを言うが、建築基準法では、煙突、広告塔、高架水槽、柱、擁壁、昇降機、ウォーターシュート、飛行塔等で指定されたものをいい、建築物に準じて扱われる。

関連記事