共同企業体

ジョイントベンチャーとも言われ共同請負における請負者の一時的な組織体のこと。請負金額が大きい場合などに多く行われる。危険負担の分散化、建設機械等の融通性、現場員の教育、等々についてメリットが大きい。特に公共事業などの場合には大手業者と地元業者との企業体が一般的になって来ている。

関連記事