ジョイントベンチャー[joint venture]

JV等と略して使用することが多く、2以上の請負者の共同責任による共同請負をいう。融資力の増大、技術力の拡充強化、危険の分散、資材の融通性等を目的とし、又発注者としては施工の確実性を期待出来る。一企業の能力を超えた大規模な工事に行われることが多く共同施工、分割施工の方法がある。

関連記事