軽量コンクリート[light weight concrete]

普通コンクリートより嵩比重が小さいコンクリートを総称して軽量コンクリートという。軽量骨材を用いて軽量化する方法と、気泡を混入して軽量化する方法かおり、前者を一般には軽量コンクリートといい、後者を気泡コンクリート又はALCと呼び、既製の外壁材や鉄骨の耐火被覆材として多く用いられる。

関連記事