分一

縮尺の意で何分の一等のこと。図面等に記入寸法がない場合に、物差しを当てて長さを求める場合に「分一を当る」等という。

関連記事