内装制限

ある一定の防火性能のある内装材料を使用しなければならない法律上の制限をいい、室内の天井及び壁の仕上材を防火上支障のない内装材料で仕上げることが規定されることをいう。建築基準法で規定され、特殊建築物、火気を使用する室、開口部のない居室や避難経路等で一定規模以上の建築物の部分は内装制限が必要となる。

関連記事