中性化

モルタルやコンクリートは弱アルカリ性を有し、鉄筋コンクリート内の鉄筋を防錆する役目を果たしている。しかし長い間空気中にさらされていると、空気中の炭酸ガスや亜硫酸ガス等の作用でアルカリ性を失い中性に近づいてくる、この現象を中性化という。中性化すると防錆効果がなくなり鉄筋が腐食することになる。

関連記事