大規模な修繕

建築基準法の定義によると、建築物の主要構造部の一種以上について行う過半の修繕をいう。修繕であっても大規模な修繕については、確認申請が必要となるので注意すること。

関連記事