真壁

壁を柱と柱の間に、柱の面より1.2cmほど下げて仕上げられた壁及びその構造をいう。壁は柱を貫通した貫に小舞下地やラスボード等を取付け、その上に仕上げられる。和風建築の伝統的手法で、特に和室の意匠に欠かすことの出来ないものである。

関連記事