壁式構造

コンクリート建築物の構造方式の一つ。一般的に柱と梁とで架構する構造をラーメン構造といい、壁体と床版とで架構する構造を壁式構造という。壁式構造の壁は小柱の連続と考え厚い壁厚が必要となる。しかし梁が壁体内に納まってしまうため、室内に柱や梁が露出しないので凸凹のない室内空間が可能である。構造上高層の建物には不可能であるため中低層の建物に多く用いられる。

関連記事