開発行為

都市計画法によって定められた土地利用の制限。ある規模以上の土地を利用し、建築を目的とした土地の区画、形質の変更を行う行為をいう。この場合、接道道路巾員、公園等の設置、貯水施設等の付置が義務づけられる。

関連記事