アルカリ骨材反応

コンクリート打放し面等に時として亀甲状の亀裂が入ることがある。これはセメント中のアルカリと骨村中のシリカが、化学反応を起こして、長期間の間にコンクリートが膨張し、亀裂が生じ時には崩壊することもある。山砂、山砂利を使用した時に見られ、骨材の選択に注意する必要がある。

関連記事