ワーカビリティ[workability]

コンクリートの打込み作業の難易の程度を表わす語。コンクリートの材料の分離に対する抵抗性、流動性、粘性などあらゆる角度から評価される。一般的には軟らかいコンクリートほどワーカビリティが良いとされている。強度の大きいコンクリートは一般的に水の量を少なくする。しかし少なくすればするほど流動性が悪くなり、万べんなくコンクリートを打つことが出来ない。即ちワーカビリティが良くない。そこで流動化の大きい骨材を使用したり、流動化促進剤を混入することによって、ワーカビリティを上げてやる必要がある。

関連記事