矢来

元来は竹又は丸太を縦横に組んで柵又は垣としたものをいう。建築用語では仮囲いの意味で用いられる。竹で組んだものを竹矢来、丸太で組んだものを丸矢来などという。

関連記事