山止め

地盤を堀削するとき、周辺地盤の崩壊を防ぐために用いられる工法をいう。簡易なものから大規模なものまである。一般には波形鋼板の矢板を打込み周辺地盤の土圧を受ける壁を構成する。大規模のものはこれを腹起し、切張り等で支持架構させる。

関連記事