山砂

古い河床、海底などにあった砂の層が地殼の変動によって丘陵地となって産する砂。一般には粒度が細かく水の吸収率が大きいので、埋めもどし材に使用されている。しかし最近では川砂の不足からコンクリートの細骨材として使用されることもある。

関連記事