手板

木造建築等で大工が板の上に柱の位置図等を書いたもの。各柱の名称をタテ、ヨコのグリッドの交点の符号で呼ぶ。その他各階の平面図や、伏図等も描かれ板図ともいう。

関連記事