散平面と平面に差があること、又はその寸法をいう。例えば、真壁で柱の面は塗壁より少し出端っている。この部分を散といい、その寸法を散15mmつける等という。

関連記事