决り

仕口継手等の接合部に抉って作られた溝や突起をいう。溝の断面形状は長方形、半円形、三角形等があり、接合部の形状により選択される。元来は田の畝を掘切るという意味から転じて用いられるようになった。

関連記事