コールドジョイント[cold joint]

コンクリート打設のとき、打継ぎ部分でないのに、前のコンクリートが硬化してから、後のコンクリートを打継がれることによって生ずる不連続面をいう。コンクリートがこの面で分離し構造上の欠陥となる。

関連記事