目透し張り

壁や天井等において、材料と材料とを隙間をあけて張ること。材料同士の厚みや、切口の不揃いを目立せないために3~6mm程度の隙間を取り、この隙間の底を板等で張って仕上げる。

関連記事