蛭石

主成分が黒雲母で、その破状が層状となって結合した鉱物である。焼成すると蛭のように膨張することから蛭石と呼ばれている。耐火性に富み、天井吹付材や蛭石モルタル等の二次製品として使用されている。

関連記事