内法高さ

和室において敷居から鴨居までの高さを内法といい、内法の寸法を内法高さという。一般の和室では1.75m程度が普通であり、天井が高い場合でもこの内法高さは変わらない。

関連記事