目通り

庭樹等の幹の太さを目の高さで計測すること。又はその値をいう。一般には約1.2mの高さの幹の太さで表現する。樹木等は太さが一定しないので目の高さの太さを規準とする。

関連記事