赤水

従来、配管用の鋼管で水道管の配管をしているが、最近、内部の錆の影響が出始め、水道水に錆が溶け出して赤い水が出るところが増えて来ている。この赤い水を赤水といい、飲料水確保の上から、大きな社会問題となって来ている。これは水道水殺菌用の塩素の使用により鋼管の内部が酸化されて錆が生じるためである。

関連記事