密着工法

防水工法の一つで、下地のコンクリートやモルタルとアスファルトや接着剤にて、密着するように張った工法。下部への空気の浸入を防ぎ、防水層のふくれや剥離などを防止するために用いられる。これに対して下地面と縁を切って、
防水層を張る工法を絶縁工法という。

関連記事