絶縁工法

アスファルト防水工法の一種で、防水層を下地のコンクリート等に密着させずに、発泡スチロール等の絶縁体で分離させ、この上にアスファルトの防水層を施工する。コンクリートとアスファルト防水層との熱による膨脹や伸縮が違うため、コンクリートとアスファルトを絶縁することによって動きの違いを吸収させる。

関連記事