伸縮目地

屋上等の広い床や土間コンクリート等の場合、外気温や熱射その他により、コンクリートや防水層が膨脹し、上部の押えコンクリートのモルタルに亀裂が生じる。これを防ぐために押えコンクリート及びモルタルを、ある間隔で隙間を開け目地をつくる。この目地によって膨脹や収縮を吸収し、コンクリートやモルタルの亀裂を防止する。これを伸縮目地又はエキスパンション目地をいう。この目地に柔らかいバックアップ材を充?しコーキングを施す。

関連記事