肘掛窓

肘が掛けられる程度の低い窓。一般には和室に用いられ、座したとき目の高さより少し低い位置に窓の下枠がくる。腰掛け窓ともいう。おおむね畳より50cm程度である。

関連記事