排煙設備(はいえんせつび)

建物の火災で発生した煙を排出することによって、窒息による事故、出火3~4分後に起こるフラッシュオーバーを防ぐことを目的とした装置。建築基準法によって各種の規定を設けている。

関連記事