長押

長が押しの略語で一般語となった。柱を両面から挾みつけて大釘で打留めした横材の総称。一般的には出入口や窓の上部に取付けた内法長押をいうが、この他に土台に接する地長押、縁板に接する縁長押等々の長押がある。元来構造部材であったものが意匠材へと変化して来て、室の格式の表現に使用される。

関連記事