付鴨居

和室の引戸や引違い戸の建具の入る上枠を特に内法鴨居といい、これに対して建具の入らない部分を付鴨居という。塗り壁の場合には決りを取り、壁の収縮により隙間が生じないようにしている。内法鴨居と付鴨居とは同村、同寸のものが使用され、和室の水平性を強調している。

関連記事