垂木(たるき)

屋根又は屋板下地用の板材を支えるために、棟木から軒桁の方向に架け渡した材のこと。一般に木造では90cm間隔で配された母屋の上に4cm×4.5cm程度の材を屋根勾配にそって架け渡し垂木とする。この上に野地板、防水材、そして屋根仕上材を葺く。

関連記事