竪胴縁

壁の下地材を胴縁といい、壁の仕上材を横に張る場合等は、下地材を竪方向に取付ける必要がある。この場合の下地村を竪胴縁という。胴縁とは40×45程度の角材の下地材をいう。

関連記事