棹縁天井

天井板を支えるため又は化粧材として、天井板の下面に30~40cm間隔で並べて取付けられた細い材を棹縁といい、棹縁で構成された天井を棒縁天井という。杉、桧、竹等が用いられる。

関連記事