鴨居

引戸や引違い戸等の建具が入る上梓即ち、和風建築の内法高さに入れられる横材のことである。引戸等のための溝が堀られるが、壁の部分については、塗り壁のための決りが取られ、壁の収縮のために隙間が生じないように、工夫されている。これを付鴨居という。

関連記事