内法長押

長押とは、長が押しの略であり、柱を挾みつけて大釘で留めた横材の総称である。地長押、腰長押等があり、鴨居、付鴨居部分に取付けたものを特に内法長押という。元来は構造材であったが、次第に意匠のためのものとなって室の格式を表わすようになった。

関連記事