内法

和室の場合、建具の納まる上枠を鴨居といい、下枠を敷居という。この敷居の上端から鴨居の下端までを内法という。又この意味から、物と物との内側の長さや距離を内法という場合がある。

関連記事