べ夕基礎

直接基礎の一つで、建物の底面全体を板状基礎とする。杭地業のない建物に用いられる場合には、底面積を広げることによって、単位面積当りの荷重を減らすことが出来る。

関連記事