手摺壁

手摺の高さまで壁状になっている手摺のこと。意匠上ばかりではなく、視線や風などの遮断のために取りつけられる。バルコニー等では金物手摺の一部に取付けられることが多い。

関連記事