タラップ[trap]

点検時や非常時に昇り降りする梯子で猿梯子とも言う。壁に鉄筋等を゛コ″の字状に約30cm間隔で取付けたもの、又はアングル材を壁よりアンカーボルトで取付け、これに鉄筋を溶接して梯子状としたもの。普段使用しないために錆が出やすく又発見しにくい。

関連記事