肋筋

肋筋鉄筋コンクリートの梁の上下主筋を囲んだ補強筋のことでス夕一ラップともいう。剪断力に抗する補強筋であると同時に主筋の位置を固定する役目を担う。一般には10m/m程度の鉄筋が使用される。

関連記事