かぶり厚さ

鉄筋コンクリート造で、コンクリートの外面と内部の鉄筋との間の間隔をいう。コンクリートは弱アルカリ性のため内部の鉄筋が酸化するのを防止している。しかしコンクリートの外面は大気であり空気中の酸によって、除々に中性化している。この中性化が鉄筋に達したとき、鉄筋は酸によって錆を生ずる。このかぶり厚さによって、鉄筋コンクリートの耐久性が決定されることになる。コンクリートの中性化を考慮して下記の表のように建築基準法で決められている。

関連記事