山型鋼

アングル等と呼び、L形断面を待った形鋼のこと。構成される2枚の板幅が等しいものを等辺山形鋼、異なるものを不等辺山形鋼という。剪断中心が材の外部にあって捩れに弱いが、組立材として構成すると軽量で強度の高い材となる。

関連記事