手摺

階段やバルコニー等の手を掛ける部分のこと。一般には床からの高さを1.1m以上とする。又壁状に手摺の高さまで立上げたものを手摺壁という。

関連記事