私も春から管理組合の役員に! 2019-03

春の足音が聞こえてきました
管理組合も新年度へスタート
私も春から役員になります!

春の足音がはっきりと聞こえて来るこの頃です。新しい人生をスタートさせる方々は、不安と期待で胸の中が、満ちていることでしょう。でも大丈夫、神様は見ています。真剣に努力すれば明るい未来は拓けると信じています。応援しています。

さて、我がマンションの管理組合も新年度を迎えようとしています。役員は、一年交代の持ち回り制になっています。そして、四月からの新年度は、我が家にも回って来ました。七階建て、各階二十三号室まであるので、一号室から順番に回ってくる役員は、賃貸で入居している方を抜かすと、二十年に一回くらいです。貴重な経験になると思うので、一年間頑張らせていただきたいと考えています。
前回は、主人が他の役員の方と頻繁に会議を重ねながら、行っていたと記憶しています。当時はまだ、築十年未満だったので、新しく決める事、取り組む事が多かったのではないかと思います。
そんな訳で、前年度の最後の総会を前にして、私の務める新年度の役職決めの為の会合が行われました。管理会社が入ってくれているので、全ての進行はその担当の方が準備して下さるので不安はなかったのですが、どの役職になるのかが不安でした。男性の方が多いだろうから、理事長は頼むとして、あんまり忙しくないのが良いなぁと誰もが考える不届きな事を思っていました。
その当日、集会室へ行く男性は一名のみ、聞けば老々介護中、他の方も私も含めて忙しい仕事をしているのは一緒です。欠席をしていた二名の方は、仕事をしているので辞退すると連絡があったとのことですが、許される訳はありません。幸い男性の方が、理事長をしましょうと立候補して下さり、後は恨みっこ無しのあみだくじにしました。
私は、防災担当に決まりました。防災訓練など地域行事にも参加しなくなっていましたが、休みを取って積極的に参加します。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2019年3月号掲載)
【つづく】

関連記事