防災訓練に参加する元気な高齢者 2019ー12

町内会の防災訓練に参加
訓練に参加する高齢者達
元気に地域を支えている

 

 

 

 

 

 日毎に寒くてコートの必要な季節になったなと思ったら師走ですね。一年が経つのは早いです。全国各地で、災害の多い一年でした。まだまだ復旧には遠い生活をしている方々が多い事でしょう。来たるべき年が明るいものであることをお祈りします。

 さて、そんな師走が迫る休日に、地元町内会の防災訓練が行われました。私は今年、マンションの防災担当役員になっているので積極的に参加させていただきました。当日は、小春日和の汗ばむ程の陽気でした。屋外の訓練も用意されていたので、天候には恵まれました。徒歩で町内会館の広場に着いた頃には上着は必要なく、帽子を忘れた事を後悔していました。 私が、会場に入った頃には、市の消防署の方による訓練は始っており、受け付けを終わってまずは、火災現場での煙に対応する為のものでした。煙を流し込んだテントの中を口を塞ぎ、体を低くして通過するのですが、僅か2メートル程の距離なのに視界は遮られ息も出来ない状態の為、軽いパニックのような状況となりました。落ち着いて行動出来るかいざという時が心配です。
 次は、起震車の体験です。並んで待っている方を見ると高齢者の方ばかり、マグネチュード9で揺られて大丈夫だろうかと心配になってしまいます。階段を上って乗り込む足元も不安です。心臓止っても専門家居るから大丈夫だよ!とご本人達から冗談が出る程。

 消火訓練も、実際に消火器を持って放水するのですが、腰は大丈夫なのかと心配になってしまいましたが、〝火事だぁ!〟と叫ぶ声はまだまだお元気でした。
 最後に、AEDの使い方を学びました。心臓マッサージの実技をしたのですが、これもまた、やってる最中に具合悪くなりませんかと思う程ハードでしたが、80歳超える方も頑張りました。高齢社会、地域を支えているのは、こんな方々です。年金値上げ頼みます。
(集合住宅管理新聞「アメニティ」2019年12月号掲載)
【つづく】

関連記事