年末帰省した長男、スマホで誰かにまめに返信♡ 2019-02

年末帰省した体育会系の長男
家でまめに誰かにスマホ返信
好きな女性ができたとのこと

 

新しい年が明けて早いもので、1カ月が経ちました。我がマンションのある土地では、雨が降らず乾燥した日々が続いています。インフルエンザが流行しています。手洗い、うがいをしっかりして予防をしっかりしたいと思っています。私は、まだ幸い大丈夫です。
さて、昨年末ですが、長男が久し振りに帰省しました。家族三人で一緒に過ごし、食事をしたりゲームをしたりして楽しい時間を過ごしたのですが、その間もスマホ片手に誰かと連絡を取り合っているのです。メールは嫌いだからあんまり返信しないと言っていたのに、実にまめに返信しているではありませんか。問い詰めると好きな女性が出来たとのこと、結婚も考えているらしく先方のご両親には、お付き合いしていると挨拶は済ませ、順調に交際を進めていたらしい。聞いてなかったぞ、知ったとしても邪魔はしないぞと思いましたが、長男の男性としての成長を感じ嬉しくなると同時に、息子で良いですか、と聞いてみたいなという気持ちになりました。

そんな訳で先日、お会いして来ました。主人が生きて居れば二人で出掛けて行くのだから緊張感も半分だったかも知れませんが、けっこう緊張しました。長男の住む最寄り駅で待ち合わせたのですが、近付くにつれドキドキしていました。何を話せば良いかと不安になったり、会いたいと思ったのに気持ちは複雑でした。
駅に着いて改札で二人で待って居ました。挨拶して、二人を観察するとしっかり手を繋いでいるではありませんか。仲の良いのは何よりですが、バリバリの体育会系だったのにと少し残念に思いました。が、食事をしながら色々な話しをして、息子を大切に思っている事、礼儀正しい良いお嬢さんだと判ったので安心しました。息子は上出来でした。
そして、それと同時に淋しく感じ始めました。初めての子供なので、息子も母さんが一番って面があったのに、彼女が一番なんだね。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2019年2月号掲載)
【つづく】

関連記事