102.金管五重奏を聴いてみませんか!

NPO日住協「春の交流会」

あけましておめでとうございます。今年も本コラムをご笑読ください。
NPO日住協は数年前から「春の交流会」という会員管理組合や賛助会員の皆さんに参集していただき、交流の場を催しています。
昨年の「春の交流会」で好評だったのが、木管五重奏のコンサートでした。筆者も参加したのですが、とても素晴らしい木管五重奏の響きに参加者は湧きました。
「コンサート、良かったですね」という挨拶がわりの評価が、NPO日住協の担当者の気を良くし、自信をつけた勢いで、今年の「春の交流会」もコンサートで盛り上げたいと意気揚々だと耳にしました。その報告がてらのお話です。

金管五重奏のハーモニーを体感する

今年は2月26日(火)に春の交流会を開催。午後3時から、金管五重奏のコンサートが催されるそうです。トランペット2本、ホルン、トロンボーン、チューバの4種類5本の金管楽器によるアンサンブルを金管五重奏と言います。このアンサンブルの特徴は和音を純粋に重ね響かせることができますから、濁りがなく、実にクリアなサウンドが耳からはもちろん、からだ全体が美しい響きによって包まれるような感覚を体感できることです。
春の交流会で金管五重奏を聴き、気持ち良いサウンドをこの機会に味わっていただくことをお勧めします。
※編集室より:「春の交流会」の開催についてはNPO日住協にお問い合わせください。